--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
12/24

サンタさんがやってきた

娘との時間

10月に4歳になった○るちゃん。
クリスマスにはサンタさんがやってきてプレゼントをくれる、というロジックがすっかり把握できたようで、今年はずいぶんまえから楽しみにしていた。
いずこの親御さんもこの時期に使うという、「ほーらほら、そんなだだこねてたら、お空からサンタさんがみてて、きてくれなくなるよ~」というのもずいぶん使わせてもらいました、はい。

12月にはいったころから、ツリーを飾り、図書館ではサンタがらみの絵本を山ほど借りて毎日のように読み、いやおうにもなく気持ちは盛り上がってきた今週。
親御さんの都合か、「うちにはもうサンタさんがきたよ~」という子が保育園でではじめたらしく、
「○○くんちは、もうサンタさんきたっていってたよ。○るちゃんちはまだかなあ」。

で、祝日前の火曜日のお昼には、通っている保育園にもサンタさんがやってきた。
園でみんなもらえたという折り紙や風船を喜びつつも、「もう△きんこ(保育園)まできたね。サンタさん。○るちゃんちにはいつくるのかなあ」とだんだん心配顔に。
なんだかいじらしいので、わがやでは一足早く、その夜寝るときに「そろそろサンタさん、くるかもね。なんてったって近くの保育園まできてるんだもんね」と言って、ぱぱのくつしたを借りて枕元におき、○るちゃんは眠りについたのでした。

で、朝。
「きた、きたきた!きたよ~!! まままま、きたよ~」
前日までのハードな出張がたたってぐっすり寝入っていた私の耳元で、○るちゃんのとびはねるような声。
目を開けてみると、でっかい赤い袋にはいったプレゼントがプレゼント

その日は一日中ごきげん。
お休みだったので、本人のリクエストだった「ぜんぶがピンクのクリスマスケーキ」を、苦肉の策の手作りイチゴソースをスポンジと生クリームにまぜて○るちゃんとてづくりし、
夜は歌などうたって、今年のクリスマスメインイベントを無事終えたのでした。


・・・ちなみにサンタさんがもってきてくれたのは、、、アンパンマンのパソコンです。
ええっと。両親的にはもちっと素朴であったかげなものがよかったのですが、
なんせ、ひとつきも前から、なんべん聞いてもまったく気持ちがかわらず、
空に向かって「あんぱんまんのぱそこんがほし~、さんたさ~ん」って叫んでたので、サンタさんもいたしかたなかったのでせう。
スポンサーサイト

CM

喜んでもらえてよかったですね(^-^)
だんだんサンタさんが移動してくるところが笑えます^^

アンパンマンパソ・・ゲームが出来たりあいうえおが載ってるやつでしたっけ?
子供はあっという間に使いこなせちゃうんでしょうねぇ。

自分もパパママみたいにパソコンおしごとする!って勢いづき、両親はひそかに(を、もしかして仕事してるそばで静かにしててくれるかも)、と小さな期待。

結果。
ものすご~く元気なアンパンマンファミリーの歌や声や音楽に、
○るちゃんの「ね~、つぎ、どうやるの?ね~、いっしょにしようよ~。」
「バンバンバンバンバン!!!!!バンバンバン」(なぜか太鼓ゲームツールがついてる・・・)

ふう・・・というわけでありました。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/446-ac7c59f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。