--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10/18

うろうろ

娘との時間

今朝。
保育園は朝からお外遊びの日。
○るちゃん、大好きなお友達Iちゃんを発見し、母とは背中でバイバイしてかけてった。

で。いつもならその後は知らないんだけど、
今朝は、少し時間的に余裕があったのと、
ちょっと気になってたので、園の外からその後、みていた(あ、あやしい・・・)。

気になって、というほどではないけど、
おともだちとどんな風にすごしてるのかなーと。
昨日、保育園イベントで、びっくりするくらい大泣きし、
まわりで遊んでたお友達にも保母さんにも驚かれた。
何度か落ち着いても、また激しく泣き出すので、さいごにはお気に入りの保母さんに「いったん隔離」され、なにがあったのかと聞いてもらったのだけど、結局わからずじまい。
でも、ずっとその場に一緒にいたので、なにかあったら、わたしも見逃すことはないのであって、
やはりそこは、「なにもなかった」のです。

で、夜になって少しずつ母子でおはなしできたところによると、
それは誰かとけんかしたわけでも、何か言われたわけでもなく、
単に、
その日は、これまた大好きなお友達のひとりと遊んでいて、それがとっても楽しかったらしく、
積み木をそれぞれやりはじめたら、同じものをつくりはじめたのに自分はうまくできず、
どんどん後ろ向きになっていったようで。
途中で「一緒にやろうよ」と誘ってもらったけど軌道修正できず。
あそびたいけどうまくいかなかったし腹が立つ~、母がわかってくれなくてさらに腹が立つ~、みたいな感じだったのかなと。

ま、最後にはまた楽しく遊べて本人は楽しそうだったけれど、
いっしょにいた母としては、
同年齢のお友達が軒並み「おにいちゃんおねえちゃんの顔」になっていくなか、
やっぱりひとりっこだからかなーとか、
ちょっとばかし気になってしまったのでした。

で、今朝。
喜んで走っていったわりには、すでに数人で砂遊びに興じていたお友達の輪に入らず、
同じおままごと用具一式をとってきたけど、やっぱり座らず、
うろうろ、とそばで見守ってました。
どうやらその場で遊ぶのをいったんあきらめ、別のほうへ誰かを探しにいくも、
結局タイミングを逸してまたおなじところに戻ってきて、見守り体勢に。

母はといえば、そこまでで時間切れで帰ってきちゃいました。
まあ、そんな深刻に考えてないからだけど。
「あそぼー」って座り込めばいいのになっておもうけど、
まあ、そういうキャラじゃないんだろうな。
○るちゃんがどんどん三枚目キャラになってるのも、
おともだちの反応が嬉しくて、だろうな、という気もする。

小学校に入ったら、今のお友達がだーれもいない地元の小学校が待っている。
ひとりっこが更に少なそうな地元の小学校。
がんばれ、○るちゃん。
と、1年以上前からひそかに心をいためる母も、まさに「ひとりっこの母」やねえ。
スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/477-c49396b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。