--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12/14

嗚呼・・・サンタさま・・・懺悔の日記

娘との時間

おととい、意気揚々と書いたクリスマス準備日記からたった二日。
予想外にも、あっというまにカプラが自宅に届いた。
予想よりもでかく、
予想よりも、簡素な包装だった。

「こりゃあ、ラッピングしなおさないとなー」「どこにしまうか相談しないとなー」
と思ったままリビングのテーブルに置き・・・・・

よりによってそのまま、

○るちゃん帰宅まで放置してしまった(涙涙涙)。

帰宅した○るちゃん、目ざとくみつけ、

・・・・
「あれえ?これ、カプラ?」

固まる父。
必死でごまかす母。
「ちがうちがう、これはちがうよー」とわけわからんことをいいながら、
一瞬にして外へ。

幸い(不幸でもあるのだが)、簡易包装がしてあったため、うすーくマークが見えた、ということだったらしく、
その後、それはカプラではない、おシゴトの荷物、、などといってごまかしていたら、
○るちゃんはなんにもいわなくなった。
で、
おととい書いたお手紙の入った封筒を、こっそり夜中の間に開けておいたら、
今朝、

○「あ~!!お手紙があいてる!サンタさんきたんかなー」と嬉々としていうので、
母「あー!ほんとだ。おかあさんのもあいてる!何が欲しいか確認しにきてくれたんかなー!」
○「きっとそうだよ~(満面の笑み)」

という会話をして、
とりあえずは落ち着いたようです。

でも、もう5才。
実のところ、なんとなーくおかしいとおもってるはずでもあり、
気合を入れていいのをゲットしてくれた我が家のサンタさんからはとことん呆れられ、
イベント好き母を自称するわたしとしては、もう落ち込んで落ち込んで落ち込んで、、、なんと昨夜はほぼ寝られませんでした・・・。

とりあえず。
ぱっと見も、ぜんぜん違うものにしたてあげるべく、
ラッピングや演出を検討中。
いかにもサンタさんにもらったようにするような演出、ないかなー。
英語のお手紙つけるとか、
白い布袋にいれておくとか・・・・・。

みなしゃん、どうかどうか、アイデア求む~。

あと。
ちょうど同じく「サンタさんがカプラをもってくる」ことになってるはずのお友達さんがいるので、
お友達と
「サンタさんがカプラをもってきてくれたよ~」という話題で盛り上がれれば、なんとかなる!!と信じて頑張ります。

ああでも、なかなか癒えない大失敗の痛み。
これはもう、去年の何倍も楽しいクリスマスナイトを演出するしかない!と気合を入れなおしました。
がむばります。

スポンサーサイト

CM

これはもうサンタさんに登場してもらいましょ。
そして、プレゼント渡してもらいましょ。
数年前、友人のご主人がサンタさんに変装して来てくれたことがありました。その時は子ども達未就学児だったから素直にすっごい喜んでたよ~!完璧に変装すればパパだってわからないと思うし。

ありゃーe-327

うちも今日宅急便で手配したプレゼントが届き、いつもはそんなにしつこくないのに「それ何?開けてよ!」と追及され。。
子供ってアンテナついてるんですかねぇ(汗)

アイデアは浮かびませんが、何とかうまい演出が出来ますように!

そう言えば、うちの幼稚園もカプラしてます~でもどうやらカプラもどき(園長が作った?)の模様。

しくしく

nonaさん、
サンタさん登場、ですかあ。
一瞬考えたんですけどね。
やっぱ、パパサンタ、はばれるっしょ。
いかにもな外人さん友達いないかなーと思ったのだけど、身近にいるのはインドネシア人とセネガル人で、しかも皆イスラム教徒、、、だもんなー。

それに、サンタさん、保育園には来るのよね。だから、「保育園にきたサンタとちがう~」というのもなあ。

うーん。演出で頑張りたいです。

みよこさん、

ははは。そうですよねー。
でも、我が家の場合、気を利かせた夫がそもそも配送先を実家にしておいてくれたのを、さらに気を利かせた宅配便やさんが我が家に運んでくれて(笑)、それを間抜けな私が放置した、という、ええ、とにかく私の責任でございます。

煙突からやってきた証拠みたいなの、つくっとくかなー。灰まみれ・・・とか・・・まずそうだな。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/484-bff2e5f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。