--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12/17

グループ学習の発表会

お仕事・研究関連

ぼちぼちと、仕事のことも書いていこうかなあ、とおもいます。

今日は、朝一番から、大学1年生のグループ学習の発表会でした。
5-6名1グループをつくって、福祉や国際協力といった広いテーマから、自分たちの関心のあることを話し合って決めて、資料を読んだり、インタビューをしたり、アンケートをとったりして調べ、
わかったことや、自分たちの生活にどうかかわってくるのか、という発表をするのです。

気長に本格的にやるなら1年くらいかけられるといいのですが、
わたしの受け持つゼミでは、これを2カ月でやらないといけません。
授業の回数でいうと、実質6回くらい。
その間に、自分たちの関心を共有し、テーマを検討し、決めて、調べて、まとめて、プレゼンを作る。
けっこうハードです。

でも、自画自賛ではないけれど、毎年、けっこう頑張ってくれるのです。
最初は、なかなかなーんにもアイデアが出てこなくて、
でも、とにかく「なにか」が出てくるまで待つ。
きっかけになりそうなアイデアが一つでも出たら、それをいいねいいねと励まして、育てる。
すると、最後には、「自分たちが考えたプレゼンテーション」ができます。
この、最初のところで、つい、待てなくて、「こういうのがあるよ」とやってしまうと、
見事に、最後まで、「借り物のプレゼンテーション」になります。

教員としてのかかわりを、いつもいつも試されているので、なかなか大変です。
が、、
わたしにとっては、これは、インドネシアやカンボジアの村で、
おっちゃんやおばちゃんとやっていたことと、とてもよく似ていて、
だから、実のところ、講義を90分しゃべるよりも、とても楽しい。
そして、最終的に、学生たちが頑張ると、実はこっそり、うるっとしそうなくらい、うれしい。

とまあ、
おなじくらい、「待つ」姿勢で、○るちゃんとかかわれたら、
きっとずっとずっといいお母ちゃんになれそうな気がするのに、
まあ、そううまくはいかないわけで。

でも、○るちゃんも、ママの仕事、について以前より少しは見えてきた気がする。
先月、大学祭に来てもらったのが、とってもよかったみたいで、
「ままって、おぐ□せんせい(わたしの名字です)だよね」と得意げにいったりします。

大学で学生に向き合うことが、家族とかかわるときにも張り合いになるような、
そんなお仕事をしていけたら、っておもいます。

しんどいこともいっぱいいっぱいいっぱいありますが・・・・・。

スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/485-9f152105

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。