--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04/20

地球はどうして・・・

娘との時間

年長さんになった○るちゃん。
毎日、どでかくて重いリュックを、何も言われなくても必ず自分で背負って保育園に出発。
去年までカバンで通っていた時は、どんなに言っても「重い~」と半分持たされたのに。
「年長さんだから」という思いが強いだけでなく、
「おかーさんがつくってくれたリュックだから」というのがあるならうれしいな。

さてそんな○るちゃんとの車での通園中、
車中で流れていた「みんなのうた」で「ちきゅうはまわる~」と歌っているのをきいた○るちゃん。

○「ねえねえ、ちきゅうってほんとにまわってるんかあ」
母「ひょええ、すごいとこに興味もつねんなあ。そうや。ちきゅうってまわってるねんで」
○「へええ。じゃ、なんで○るちゃんたちはだいじょぶなんや?ゆらゆらせんのか?」

・・といわれ、母の頭にうかんだのは、

引力、、重力、、、、、。
うーん、どう説明すればいいんやろ、と一瞬ひるんだら、

○るちゃんがしたり顔で「わかった!」と。

○「ゆっくりゆっくーり、まわってるから、だいじょぶなんやね」。

へ、へええ。そうきたか。と思っていたらさらに○るちゃん。

○「でもそうしたら、いま、ここのしたはなにがあるんや?」
母「え?土、つちやろ」
○「ちがうちがーう。もっともっともっともっと、したのしたのしたー」。
母「へ?あ、あ~。なるほど、逆側ってこと?うーん福井の逆側はどこやろ。地球儀でみてみよか(超ええかげん)」。
○「うん!大きいやつがいいーの」

ってことで、今度大きな地球儀でみてみることになりました。
福井の裏側、どこだろう。
夫よ、予習プリーズ。

・・・それにしても、わたしはちっちゃいころから今日まで、まーもののみごとに「かがく」っぽいことや「ちり」は苦手である。だから、○るちゃんのこういう発想は、パパ似かなー、とおもいつつ、ほのぼのたのしい朝でした。

・・・その分、いつも以上に、けさは○るちゃんと離れてプチ単身赴任で名古屋に来るのがつらかった・・・。
スポンサーサイト

CM

朝、ちきゅうの話の続きを
○ちゃんとしたよ。

夫:「まわってぎゃくになったら、どうなるの?」

○ちゃん:「落ちて~、宇宙人になるよ」

だって。
ほのぼの。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/496-d185b82f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。