--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
08/22

今年の夏・・・その1 お仕事編

お仕事・研究関連

ふと気づくとまたブログのトップが広告に。
ああ、あっというまに8月最後のカウントダウン。
夏休みは毎年、日頃できない文献を読んだり、原稿書きのお仕事の計画を立てて、、、悲しいくらい毎年必ず、時間切れになる。
思い起こせば小学校2年生の夏休み。毎日1枚やるはずの「算数のドリル」、8月30日まで1枚もやらずに見てみぬ振りした前科の持ち主だもの。しょうがないかも。

いや。
今年はまだ10日弱、あるじゃないか。今日頑張るのだ。

今年はもっと時間があるはずだったのに、おっかしいなあ、おかしいな。

たしかに、お盆直前まで大学出勤だったし、
お盆の次の週は、隔月で受けている出張講義で東京だったし。
でも、去年のワシントン母子旅行みたいに、2週間近く不在、とかまったくなかったのに。

なんで、あれもこれもそれも、終わってないんだ???
ふう。

とりあえず、ここで宣言。
まず、今月〆切りの原稿に「手をつけ」よう。
それから、たまりにたまった大学院生の指導をまとめて二日ほど。
あ、その前に、あさって締め切りの学会企画申し込みを終えるのだ。

後期の準備は9月に入ってから考えるのだ、うん、そうしよう。

ちなみに。小学校2年生の8月30日。
突発的に大泣きしたら、あわてて母がとんできた。
母「どうした?ねえちゃんになんかされたんか(すまぬ姉よ)」。
こんなときに限って妙にやさしいのである。
私「・・・しゅくだい、しゅくだいやってない」
母「忘れてたんか?」
私「・・・わかってた・・・・」

母「そりゃ、じぶんのせきにんやな。いまからふつかでぜんぶやり(鬼)」。

というわけで、わたしは小学校2年生にして、ふらふらになりつつ、半徹を経験したのであった。
やりましたよ。さんすうのどりる。二日で。
一切手は出さないけど、前に座ってこわ~い顔で夜中までつきあってくれた母の立場の苦労、今ならわかるなあ。
親としての会話、母としたかったなあ。

あ。またいつものごとく話がずれました~。
とりあえず今からおしごと、おしごと。
スポンサーサイト

CM

親になったからこそ、母親と話したい事ってあるよねー。これって義母じゃダメなんだよね。私も話したいなぁ…。
夏休み終わらぬうちに頑張ってねー。

クルカオさん、
そうなんですよねー。娘の成長それぞれの時期に、話したいことが増える、みたいな感じ。

夏のオシゴト・・・終えた頃には一度またぱあ~っとご一緒したい!(笑)。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://tattan.blog65.fc2.com/tb.php/501-24754772

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たったん

Author:たったん

「友達百人できるかな」の10代。
環境適応能力の高さだけには自信があった20代。

どこでも何でも誰とでも。
それってかなりしんどいのかも、と気づいた30代。

試行錯誤で撒いた種が芽を出したら、自由度は減って、人生の選択肢が狭まった。

楽になってきた。
数少ない大事なものを大事にする生活っていいな。
で、そろそろ「根っこを生やそう」の毎日をはじめました。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。